東京工業大学基金について

平素よりお世話になっております。東京工業大学体育会ヨット部です。
 
この度、和歌山県で行われる全日本学生ヨット選手権大会に、
スナイプ級チームの出場が決定いたしました。
また、愛知県蒲郡で行われる全日本学生ヨット個人選手権大会に、
スナイプ級1艇の出場が決定いたしました。
チームでの全日本インカレは33年ぶりの快挙となります。
ここ数年で東工大ヨット部は力をつけ、着実に結果を伸ばしてきておりました。
しかしながら今年、当部は新型コロナウイルスによって最悪の春を迎えました。
練習は出来ず、春インカレは中止となり、部活の士気は冷めたようでした。
ですが、私達はオンライン上でルールを勉強したり、自宅でトレーニングをしたりと、
部活動が再開したときに他大学を抜き出せるよう努力を重ねたのです。
そして夏、大学との交渉も甲斐あって東工大ヨット部は正式に活動を再開いたしました。
今でも合宿は出来ずに日帰りで活動をしていますが、
他大学よりも早く海に出て、ギリギリまで練習をする日々を繰り返しました。
こうして秋インカレ決勝はコロナ対策万全の中開催され、
結果はスナイプ級8位、念願の全日本出場を決めました。
470級も全日本には届かなかったものの、
10m/s以上の強風の中でも恐れることなく実力を発揮し、11位の成績を収めました。
私達が全日本に出場出来たのは、
OBOG会である潮会の皆様をはじめとする多くの充実したサポートがあったためです。
そして歴代の先輩方の努力が、どんなに辛いときも私達を励ましてくれました。
私達は先輩方のバトンを受け取り、全日本へたどり着くことが出来ました。
このバトンを次の代へ繋げていくためにも、全日本の舞台で邁進して参ります。
私達は全日本インカレで8位入賞を目指し、全力を尽くして参る所存です。
最後になりますが、
遠征支援のためのご寄付をお願いしているところでございます。
つきましては,皆様のあたたかいご支援を賜れば幸いです。
ご協力・ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。
東京工業大学基金よりヨット部を支援いただける方は、
以下のウェブサイトよりお手続きください。
https://www.titech.ac.jp/giving/
【手順】
「寄附をする」
→「寄附目的」の「その他」を選択
→自由記述欄に「東工大ヨット部の活動支援」
ご質問などございましたら、こちらまでご連絡ください。
皆様からの温かいご支援をお待ちしております。
 
​東京工業大学体育会ヨット部

Contact with us

質問・連絡はコチラへ

気軽になんでもどうぞ!

Produced by K.Aono, K.Sunamura, S.Morifuji, T.Aburayama, J.Sakuma, D.Yanagawa in 2014