• ホームページ 東工大ヨット部

引退ブログ#2

こんにちは。

470クルー,安全,新歓隊長,渉外をしていました。羽原大智です。

まず初めに,今まで支援していただいたOB,OG,コーチの皆様,またその他関係者の皆様,ここまで僕たちが充実した環境でヨットができたのは皆様の援助のおかげです。本当にありがとうございました。そして今までついて来てくれた後輩のみんな,本当にハードだったと思うけどついて来てくれてありがとう。無理をしてくれてありがとう。

関東インカレでは良い結果をだせませんでした。今振り返ると本当に情けないレースばかりでした。いたるところにおいて実力不足,経験不足でした。全日本にいけなくて悔しい,なんて言ったら笑われるような結果でしたが本当に悔しい。くやしい。1年前,実力が同じくらいだったのに,自分達も努力はしていてうまくなっていたけれど彼らの方が努力して,ヨットに向き合ってきていた。シンプルな話です。


新4年のみんなは今回のインカレをどう感じてるでしょうか。僕が3年だった頃,全日本に行けず,泣いてる成さんを見て悔しい思いをしました。当時も十分悔しかったです。ただ今回の悔しさは次元が違いました。こんなにも悔しいのか,もう二度とインカレには出れない,チームで全日本を目指せない。全日本のリザルトは見ると嫉妬と後悔で死んでしまいそうだったので結果はほとんで見れてません。新4年生には僕たちみたいな思いはしてほしくありません。後悔しないよう残りの現役生活を過ごしてください。

困ったことがあったら頼ってください。無理を言ってください。君たち後輩の目には僕たちはどう映っているでしょうか。自分でいうのは恥ずかしいことですがヨット部の色んな代の中で僕たちの代は誰かのために行動する代だったと思っています。後輩のためは当たり前で先輩のために,同期のために~をする。そういったことが多かったと思います。ヨット部は合宿生活であったり,色んなハードなことがたくさんあります。だからこそ,誰かのために行動してください。先輩任せにするのではなく,先輩のため,誰かにために行動してください。特に新3年は他人任せが多いですね,僕たちの代はよく,俺らの教育が悪かったのかな...と嘆いています(笑) 新4年が困らないようサポートしてあげてください。



改めてヨット部の4年間を振り返ると本当に楽しくて辛くてものすごい成長したなと実感します。渉外や新歓でOBの方にはかなりしごかれたと思います(笑) 理事会に出るのは本当に嫌で何を言われるかひやひやして,ボロボロになって帰ってました。意味がわからない理不尽な目にもあいました(笑) ただこの経験で人前での発表であったり,仕事への取組みであったり,社会的な面で非常に成長できました。

大学生は色んな事にチャレンジできます。何だってできます。ヨット部ではサポートしてくれる大人もいます。自分達の環境は文句を言ってるだけじゃ良くなりません。重い腰をあげて実際に行動してみてください。案外簡単に改善することだってあります。後輩のみんなも自分達で動いて東工大ヨット部をより良い部活にしていって下さい。つらく大変だとは思いますがその経験は一生ものです。


4年間を振り返ると本当にヨット部に入って良かったと痛感します。上手くいかないことだらけで苦楽をともにしてきた同期や先輩や後輩。すべてが財産です。辞めようと思ったことも何度かありました。つらい思いをするよりももっと別のことをした方がたのしいんじゃないか,そう思ったこともありました。でも,続けてきて本当に良かった。この仲間でインカレに臨めて本当に良かった。今後の人生において東工大ヨット部での4年間は大きな誇りになると思います。

これからまた1年間全日本に向けて頑張ってください。OBとして今後は君たちをサポートしてます。今までありがとう,これからもよろしく



閲覧数:307回
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。