top of page
  • 花崎龍矢

引退ブログ第4弾

こんにちは。


この前の全日本インカレをもって引退した4年スナイプクルーの花崎龍矢です。


書きたいことは山ほどあるのですが、今回はお世話になった皆さんへの感謝の意を改めて書かせていただきます。稚拙で長い文章ですが、お許しください笑



夏樹さん

初めてコーチングを受けたときに、言われて通りにトリムをちょっと変えたら、船が明らかに速くなって、感動した時のことを今でも鮮明に覚えています。あれから、毎回、コーチングは楽しみでした。

夏樹さんのおかげで、ヨットが上手くなって、ヨットを好きになれたと思います。

本当にありがとうございました。



OB会の皆様

4年間大変お世話になりました。こうして、4年間の活動を終えることができたのも、皆様がここまで東工大ヨット部を守り続けてきたおかげです。ありがとうございます。



先輩方

先輩方が作るヨット部は、とてもアットホームで居心地がよく、温かい雰囲気でした。そして、入部理由の半分はこれでした。自分が先輩になって初めて、あの居心地の良さを作る難しさを痛感しましたし、結局作れたのかもわかりません。

また、上級生になって、東工大ヨット部が全日本を狙える環境・レベルにあるありがたみを強く感じました。堀江さんをはじめとした先輩方が創り上げた土台は、自分が勝つことを考えれば考えるほど、不可欠で、大切で、一朝一夕には手に入らない大きなものであると痛感しました。

素晴らしい環境のヨット部に、温かい目で僕を迎え入れてくださった先輩方、ありがとうございました。



同期

僕らの代は脳筋な傾向が強かった気がします笑。とにかく練習量を稼ごうっていう発想で、土日だけでは足りず、平日に練習をしたり、赤旗でも無理やり出たり、ぺったぺたの中、サークリングをしたりしましたね。傍から見たらバカだけど、それが未経験者だけの僕らにとっては、最善の手だったし、今考えても、正しかったと思います。そして、それ自体がとても楽しかったし、いい思い出です笑 (もう二度としたくないトラウマ体験もありますが笑)

練習だけじゃなくて、練習後にOKに買い出しに行ったり、合宿生活だったり、些細なヨット部生活での日常がここまで楽しかったのは、同期に恵まれたからだと思います。

4年間ありがとう。そして、これからもよろしく。



ペア

河合さん

2年生の代替わり後から一緒に乗せてもらってました。最初の方は、僕のコースが杜撰すぎて、江のスナで最下位をとったりしましたが(笑)、それでも最後までコース引きを僕に任せてくれたことに、感謝しかありません。杜撰なコースを引くくせに、レース中、メインのセールシェイプについて文句を言ってきたりする間違いなく厄介な後輩でした(笑)当時の自分に、メイン見る前に、海面を穴が開くくらいまで見ろと言ってやりたいです。

一番の思い出は、やっぱりピン回航したことですね。あれは、偶然ではなくて、全くの必然だったと思います。間違いなく、1年間の愛花ペアの努力の成果でした。そして、この経験はめちゃめちゃ自信になりました笑

1年間、生意気な僕は、河合さんの懐の深さにいつも助けられていたように思います。本当にありがとうございました。





池田

まず、今年1年間一緒に乗って、ついてきてくれてありがとう。

この1年間かなり無茶を強いてしまったと思う。練習ではうんざりするほど要求をしたり、平日の水曜日も朝から出艇したり、個選の前の1週間ほぼ毎日朝から江ノ島に行って海に出たり、言い出したらキリがないですね。でも、池田が着いてきてくれたので、僕は一切の妥協無く、やり切ることができたと心の底から思います。おかげで、全日本が終わった時は、上には上がいることに対するやるせなさや悔しい気持ちもあったけれども、清々しい気持ちの方が大きかったです。最後に全日本インカレでピン回航して、4位フィニッシュという最高の形で終わることができて本当に良かったです。よく考えれば、途中からは、僕の苦手な整備とか率先してやってくれたりして、「ついてきてくれた」って感じゃないですね。

更なる高みに向けて頑張ってください。池田ならできると思う。応援してます。





後輩

正直、僕は自分のことで一杯一杯なことが多く、もっと気にかけることができたのではと、若干後悔しています。自分たちの競技力を上げることに精一杯でした。でも、合宿生活で話したり、海上でひたむきに頑張る姿を見たりして、いつも力を貰っていました。ありがとう。

また、チャンスがあることは伝えることはできたかなと思います。たとえ未経験者であっても、全日本行けること。そして、ハマれば前を走ることもできるということ。もちろん、全日本インカレで前を安定的に走ることだって可能だと思います。全部、自分たち次第です。

頑張ってください。応援しています。

また、練習に呼んでください。



学連の皆

読んでいるかわからないけど、書きます。東工大は全体的に他大との関わりが薄い傾向にあるけど、学連の皆のおかげで、世界が広がって、ヨット界での居心地が少しだけ良くなったように思います。また、シンプルに学連での時間はとても楽しかったです。計測の時は、手伝ってくれて、ありがとね。そして、運営では、僕のポンコツさが原因で度々ご迷惑をおかけしました。

学連のみんな、ありがとう。そして、これからもよろしくね。



他大のお世話になった人へ

僕は学連くらいしか他大とのつながりはなかったけれども、合同練やレースで近く走った人の名前は密かに覚えて、リザルトまで見て、勝手にライバル視しまくっていました。話したことないのに、間違えてレース中名前呼んじゃった位です笑。合同練があった日は、今日は誰々に負けたーとか勝ったーとかで一喜一憂していました。他大の皆さんの存在が僕のモチベーションになっていました笑。

一緒に切磋琢磨してくれた皆さん、ありがとうございました。




こうして引退ブログを書いていくうちに、周囲に恵まれたヨット部生活であったことを再確認できました。


今後も、形はどうあれ、ヨットは大好きだし、続けていくつもりなので、皆さん、今後も何卒よろしくお願いします。



花崎龍矢

閲覧数:154回
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
bottom of page