Contact with us

質問・連絡はコチラへ

気軽になんでもどうぞ!

Produced by K.Aono, K.Sunamura, S.Morifuji, T.Aburayama, J.Sakuma, D.Yanagawa in 2014

検索
  • 渡辺博之

長友さんのブログ


こんにちは。470バイスの長友です。秋インももう目前、ということで久々にブログ担当します。

本日は、ついに明日から始まる秋インカレ予選のためのセール計測や艇長会議に参加しました。実は今回がインカレの艇長会議に参加するのが初めてで、4年目となったヨット部生活でも初めてがあるんだなと感じております。

さて、秋インカレが始まるということは、自分のバイス任期ももうすぐ終わりということになります。ここまでの1年間はなかなかに大変なものでした。そもそも3年春でヘルムス転向の予定が逗開のやべーやつが入ってきたおかげでクルー残留となり、クルーの先代バイスからはこっからの成長は難しいぞと言われ、ある意味不安を胸中に秘めながらのバイス就任となりましたのがちょうど1年前。チーム運営と後輩育成にキャパの大半を持っていかれ、いつのまにか忘年会を迎えていた秋の3ヶ月。きっとこれが最後の5日間合宿になるだろうと(当時は)思っていた春合宿。この頃からヘル転を阻止した逗開のヘルムスと組むこととなり、キャパを少し自分に分けることができました笑。バイスとして初めての春インカレは今までで一番重圧を感じ、最上級生としての重圧をモロに感じました。打って変わって夏のレース期間は、自由にレースに臨め、自身の可能性を見出すことができました。そして7月のラボ畜月間を経て、最後の長期合宿である夏合宿を迎えました。ホワイトラボに所属してたので、まさかの5日間フルで参戦できました。これがFラン大学の現実ですわ。

バイスとして意識し始めたのは、とにかくチームを見ることです。470チームは、美化して言えば自由奔放さが取り柄のチーム、悪く言えば誰にもまとめることのできない魔境です。特に3年。新体制から1ヶ月で制することの無意味さに気づき、それからはずっとどこでもチームひとりひとりの様子を見守ることに徹しました。幸いにも後輩は向上心の塊で、やんちゃなところ以外は放っておいても成長してくれる逸材でしたので、ひたすら練習運営について考え、どう工夫したら効率よく、気持ちよくチーム力を伸ばせるかに取り組んできました。その結果、あら不思議! 散々乗艇表に文句を連ねていた同期も、今となっては文句なしで気持ちよく練習に取り組むようになりました〜パチパチ。同時にセーリング中にどこ見てるかわからないと評されるくらいに海上で周りを見まくってたら自身のレグもなかなかに仕上がってきました。

直近のコーチングで初めてヨットというスポーツを心から楽しめました。本当に楽しいです! それと同時に、ここまでやらないと本当の楽しさが見出せないのかとヨットの奥深さに感心しました。これを楽しめるのも残りわずか。最高のチームで秋インに爪痕をド深く残せるよう全力を出し尽くします!!

最後に逗子海岸の花火をいつものバースから見上げて閉めようと思います。明日はいい風が吹きますように。


0回の閲覧