Contact with us

質問・連絡はコチラへ

気軽になんでもどうぞ!

Produced by K.Aono, K.Sunamura, S.Morifuji, T.Aburayama, J.Sakuma, D.Yanagawa in 2014

検索
  • 堀江嶺太郎

ホリエもんさんのブログ


久しぶりのブログ更新になりました。主将の堀江です。 秋イン予選を明日に控え、自分が現役でいるのも一週間と少しというタイミングでのブログ更新です。

みんなのブログを楽しみに読んでいたのですが、「入部してからx年…」みたいなのが枕詞のようですね。

今でも忘れません。新入生の誰も入部なんて決めていない4月3日に部室で入部宣言をさせられて(?)から早いことで3年半、色々なものをヨット部に捧げてきました。 土日や長期休みは勿論のこと、体力やお金、そして朝の貴重な睡眠時間も早朝自主練に捧げました。 あと髪の毛も何かに捧げました。

でも、おかげで1年生の頃から求め続けた「理想」が少しずつ「現実」になってきました。

風を読んでコースを立てられるようになりました。 細かなジブトリムもできるようになりました。 クルーとしてリザルトを残せるようになりました。 チームのリザルト向上にも少しは貢献できたと思います。 春インカレでは期待以上の成績も残せました。

勿論、全ての理想が叶ったというわけではありません。

もっと上手くなりたかったし、なれた。全個にだって行きたかった。

でもここまで来たらそんなこと後悔しても仕方ないですね。 後悔しないように1つでも多くの理想を現実にしてやるだけです。

去年の秋インのことはとても良く覚えています。 決勝へのボーダーラインに及ばなかった1日目、そして台風で中止になった2日目。 どうしても行きたかった「秋イン決勝」への壁を感じました。 あれから一年経とうとしていますが、チームも自分自身も「秋イン決勝」を掲げて変化し努力してきました。 その「理想」が「現実」になるかは明日から2日間のリザルト次第です。

最後になり恐縮です。 今、秋イン決勝を目指せるのは非常に有難いことだと感じています。 くらまえ潮会と会員であるOB・OGの皆様のご支援、諸先輩方の叱咤激励、自分のような後輩を指導してくださった先輩方、全てに感謝いたします。

この環境で練習しインカレに臨めることに感謝し、責任を感じつつ、全力で戦って来ます。


0回の閲覧