Contact with us

質問・連絡はコチラへ

気軽になんでもどうぞ!

Produced by K.Aono, K.Sunamura, S.Morifuji, T.Aburayama, J.Sakuma, D.Yanagawa in 2014

検索
  • 河合雅行

五大学戦!


こんにちは!スナイプ新2年の河合です。

 3/23,24には五大学戦がありました。このレースは春のインカレ前最後のレースであるため、インカレに参戦するメンバーが決まるということもあって上級性にとって大切な大会です。東工大OBという枠で、毛利監督をはじめ三井物産の畠山さん、谷口さんにも参加して頂きました。私は1日目にOBの中迫さん、2日目には畠山さんのクルーとしてこのレースに参加しました。私にとっては初のレース参加ということもあり、1日目は白熱したレースの雰囲気に圧倒されっぱなしでした。1秒の遅れがその後のレース展開を左右しかねないスタート際、1°の角度差でボートスピードを左右させるコース引き、一時も予断を許さないレースは最高気温7度、霰も舞う強風の中でしたが、ヨットに乗り込んだ直後からは寒いことを感じる暇もありませんでした。そんな中、私がコースマークを見間違っての大回りや、ランチャーという艤装の故障により順位は惨憺たる結果でした。しかし、多くの初体験がありとても濃い1日でした。2日目は急遽、畠山さんのクルーとして出場させていただけることになったのですが、その繊細な舵捌きに驚かされました。この日は天候もよく、2日目ということもあり若干の余裕が生まれ、畠山さんの手元や他の艇、前日の反省であるマークをしっかり見ることができました。私の粗いクルーワークをもものとせず、次々と他の艇を突破していく畠山さんからはとても多くの事を学ばせていただけました。

 最近、snipeの5番艇である30033を整備艇として預かることとなりました。いざ自分の艇と決まると愛着が湧きますね。古い艇である為に先輩方からの評判は良くないのですが、自分がヘルムスということもあり、かえってこの艇を速く走らせてあげたいと強く思います。レース出場に次いで所有艇も決まり、いよいよ2年生になるという実感が出てきました。新入生の手本となれる様、そしていつか30033で他の艇に負けない走りができるよう、日々邁進していきます。


0回の閲覧