Contact with us

質問・連絡はコチラへ

気軽になんでもどうぞ!

Produced by K.Aono, K.Sunamura, S.Morifuji, T.Aburayama, J.Sakuma, D.Yanagawa in 2014

検索
  • 萩生田 汐音

10月 第一ターム


こんにちは。スナイプ1年の萩生田汐音です。長いようで短かった夏休みも終わりを告げ、3Qが始まりました。勉学も怠らずに、ヨットにも励んでいきたいと思います!

東工大スナイプチームは秋インカレでは惜しくも予選敗退となってしまい、今タームから新体制となりました。そこで、1日目の午前はインカレで酷使したヨットの整備、午後は新体制ミーティングをしました。ミーティングでは、インカレに向けた目標やこれからの練習方針についてのお話がありました。スナイプの目標は、「インカレ決勝進出」です!!今回の秋インカレの悔しさをバネに次のインカレでは決勝進出できるよう部員一丸となって頑張ります!!また今年の秋インカレは一年生は先輩方のサポートに徹しましたが、来年のインカレには一年生も出場できる可能性は少なからずもあるので、先輩方を追い越す勢いで頑張っていきたいと強く思いました。

そして!ついに!筋トレが導入されます!私はヨット部に入った時から、ヨットを上達させるためには筋トレが必要不可欠だと思っていたので、自分で時々筋トレをしていました。だから先輩方から筋トレをやる、とのお話を聞いた時には、私は「やったーー!」と喜びましたが、他の一年生は「え...筋トレ...」と嫌がっている様子でした。中高時代テニス部だった私は女子の筋トレ隊長に任命されたので、ヨットを上達させるためにも一所懸命筋トレに励みたいと思います!

2日目は、海に出て練習しました。そして今タームから、一年生のヘルムス練が始まりました。私がヘルムス練をしていた時は割と風が強く、初めてのヘルムス練をするには少し怖かったです。陸練をしてから海に出ましたが、海上は陸上とは全く違い、タックやジャイブの時の動きが上手く掴めず焦りました。特に、艇を正しい方向に向けるためにティラーを動かしつつメインを引くのが難しく、もう一つ手が欲しいと思う程でした。陸練では、海上練習で得た感覚をイメージしながら練習していきたいと思います。

ヘルムスは、刻一刻と変わる風に合わせて艇の向きを変えたり、メインを引いたり、クルーとはまた違った難しさ、大変さを感じました。クローズ中もランニング中も、どの方向に艇を向ければ良いか分からず、風見から目を離すことができませんでした。私はヘルムス志望なので、風見を見なくても正しい方向に向けられるようになりたいです。

限られた海に出られる時間を大切により有意義な練習にし、早く上達させたいです!


0回の閲覧