Contact with us

質問・連絡はコチラへ

気軽になんでもどうぞ!

Produced by K.Aono, K.Sunamura, S.Morifuji, T.Aburayama, J.Sakuma, D.Yanagawa in 2014

検索
  • ホームページ 東工大ヨット部

全日本運営


はじめまして、1年470の北島です。

先日、11月4日〜8日の期間で第80回全日本学生ヨット選手権大会が江ノ島にて開催されました。

全日本の大会は年ごとに全国各地様々な場所で行われ、今大会は2011年以来4年ぶりとなる江ノ島での開催となりました。それに伴い、今回の運営は私たちが普段練習している水域の組織にあたる関東学生ヨット連盟が担当しました。

私は今回の大会から学連に参加し、微力ながら運営のお手伝いをしてきました。

レースの出艇の様子です。

普段は見かけることのない地方から来た大学も多くあり、また応援団がかけつけ選手たちを送り出す大学などもあり、全日本独特の雰囲気に終始圧倒されました。

ちなみに、遠い所から来ている大学はトラックにヨットやレスキューボートなどを積んで開催地までやって来ます!

こんな風に。

なかなか見ることのないヨットが陸を走る姿。

トラック搬出入の仕事中いろいろな大学を見送りながら、本当にはるばるやって来ているのだなとなんだか不思議な気持ちでした。

今回レースの運営に学連という立場で初めて参加して改めて、レースは海上での運営を主軸に陸上やその他の見えない所での仕事を含め、多くの人の力で成り立っているのだなということを感じました。自分が今後いつかレースに出たときもそのことは忘れずにやっていきたいなと思いました。

また全日本という学生ヨットの最高峰の舞台を間近で見ることができ、たくさんのトッププレイヤーたちの姿を見ることができ、とても刺激を受けました。

来タームからは再び通常練習が始まるので、今タームの間艇の各所の整備をしてくれていたペアに感謝し、気合を入れて頑張っていきたいと思います!

それでは、この辺で失礼します。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


0回の閲覧