Contact with us

質問・連絡はコチラへ

気軽になんでもどうぞ!

Produced by K.Aono, K.Sunamura, S.Morifuji, T.Aburayama, J.Sakuma, D.Yanagawa in 2014

検索

12月第3ターム

前タームに引き続き、1年470の渡辺真央です。 さて今タームで乗り納めとなりました。 1年にとって、週末に部活に行かない時期が始まるというのがなんとも不思議なのではないでしょうか。 一日目、午前中は練習です。 スナイプは全日海上での練習のようで朝から出艇。 一方470は船の整備となりました。 年内最後に乗れないのは残念でしたが、前タームにしっかり乗っておけたのでよかったです。 その日の写真です。 年内最後にふさわしい締めの富士山ではないでしょうか笑 そのあとは、納会として合宿所で年内乗り納め、部活の年内納めの会をしました。 ここでは大家さんからの差し入れで、ピザなどをいただきました。ありがとうございます。 次の日には2016年の間毎週のように使用していた合宿所を大掃除しました。 これでまた来年も過ごせそうですね。 次にヨットに乗るのは春休み。随分長いようですが、あっという間なのかな・・と思います。 それでは、良いお年を〜〜

12月第2ターム

大変遅くなりましたが、12月第2タームについて書きます。一年470の渡辺真央です。 このタームでは、ほとんど年内の乗り納めということもあり、各自がこの2016年を復習しようということでセーリング練習がメインとなりました。 初日は食当だったので、練習に参加できませんでしたが・・・。 その分、年内最後の食当なので気合い入れて作りました(笑) 二日目は、微風。 それでも、昼過ぎくらいから吹いたり止んだりを繰り返しながらも、セーリングに集中できたのではないかと思っています。 1年ヘルムスはこの秋から本格的にスタートし、まだまだ技術はおろか知識もたりません。 それでも、この秋からヨットを乗っていて海の見え方や船の見方など少しずつわかることが増えてきました。 その秋から得てきた自分の力を総ざらいするには丁度いい乗り納めではあったかな・・・と思います。 これからも課題は山積みですが、挑戦していきたいです。

12月第1ターム 潮塾

こんにちは!スナイプ1年の河合亜美です。 今ターム1日目の夜には潮塾がありました。 テーマは新歓について! 過去に行われた新歓の分析や、OBの方々の経験に関する講演を伺いました。 合宿所・バース・広報手段の移り変わりに対応して、新歓の方法も変わってきていることがわかりました。 その後は、OBと現役部員がグループになり、ディスカッションが行われました。 「大学から新しく始められる」「女子もプレイヤーになれる」など、ヨット部の良いところが再確認できました。 また今回、OBの方と新歓について話すという貴重な経験をして、ヨット部は長い間、先輩から後輩へと引き継がれながら続いてきたということを改めて実感しました。 来年の春、多くの新1年生にヨットの楽しさを知って、入ってもらえるよう、新歓の準備を頑張りたいです。 スナイプの練習では、初めて1年ヘルムス・1年クルーでの乗艇がありました! 海面をみる、他艇と高さを合わせる、といった大切なことを、普段は先輩に頼りきりだったと痛感しました。 4月からの自分たちの成長を感じるとともに、今後の課題も分かる、貴重な練習でした。 寒くなってきましたが、今年も残り2タームです… 一回一回の練習を大切にしていきたいです!

11月最終ターム

こんにちは、470でクルーをやることになりました渡辺博之改め長友です。 今後更新の際は長友で通させていただきます。 これからいっぱしのクルーになれるよう、誠心誠意がんばっていきます。 突然ですが、朗報です! 合宿所に暖房を新調しました!! パチパチパチ~ 堀江君も満面の笑みです。 中身はこんな感じです。 暖房を買っていただいた大家さんや海洋サービスの宮崎さん、どうもありがとうございました。 さて、今タームはテスト明けの久々の練習で期間も4日間ということで、なかなか大変なタームでした。 初日は前タームに暴風の中練習した影響もあり、整備にいそしみ残り3日の練習に備えました。 2日目以降はスナイプのレスキュー艇、通称ヤングの故障により久々の合同練習を行いました。 これは合同練のランニングの写真です。 ほとんどが強風というなかなかのコンディションの中、セーリングや上下マーク練で感覚を取り戻すとともに各自のスキルアップを図りました。 また、470はリーチング、snipeはヘルムス練と新たに練習したこともあり、実のあるタームになりました。 これはリーチングの写真。 これからは寒さが厳しくなり、なかなかしんどい日々が続きそうです。 今後は防寒具を携え、風にも、冬の寒さにも負けずに楽しみつつ乗り越えていきたいです!