Contact with us

質問・連絡はコチラへ

気軽になんでもどうぞ!

Produced by K.Aono, K.Sunamura, S.Morifuji, T.Aburayama, J.Sakuma, D.Yanagawa in 2014

検索

10月第4ターム

こんにちは。1年スナイプの新山です。10月も下旬になり、4月の下旬に入部してから早半年ほど経過しました。まだまだ知らないことが多く、毎週のようにヨットの奥深さを実感しています。 1日目の風は強すぎず、振れの激しいコンディションでした。朝練の際に,和船のエンジンオイルが足りないというアクシデントに見舞われ、普段の整備、点検の重要性を再認識しました。 2日目は強風でした。午前中は練習、午後は整備でした。強風ではヨットをうまく走らせることができませんでした。整備では、傷ついたところを直したり、セッティングを出しなおしたりしました。 写真はセッティングを出している最中の様子です。

10月第3ターム

こんにちは、1年470クルーの三瓶和奈です。 10月も第3タームということで、だんだんと寒くなってきました。風邪も流行っているようですね。合宿中に風邪を引かないように、現在取り寄せ中の冬の乗艇着が早く届くことを切実に願います。 今タームは両クラスとも1年生のヘルムス練を行いました。特に470は、今タームの練習後にヘルムス/クルーに分かれることになっていたので、ギリギリまでどちらにするのか悩みながら練習に取り組みました。 1日目、私は食当で残念ながら練習には参加できませんでしたが、1年生の中には3便乗れた人もいたようです。ご飯を作りながら皆の帰りを待つ自分は母親のような気分でしたが、帰ってきたメンバーから練習の様子を聞いている私は完全に母親だったのではないかと思います。楽しかったようでなによりです。 2日目、ヘルムス/クルー分け直前のヘルムス練は、午前はセーリング、午後はマーク練でした。1日目練習できなかったということで気合を入れて練習に臨みましたが、動作で混乱してパニックに…回航動作もだいぶ慌ただしいものになり、マークを見失いかけることもしばしばありました。前回までのヘルムス練の反省をあまり活かせなかったことがとても残念です。失敗もしましたが、練習している間に、船がどうやって回っていくのか、ヒールが残っているとどうなるのか、といったことを実感することができました。 練習が終わる頃には皆の希望も固まり、無事に470の1年生全員は希望通りになりました。どの1年生が何になったのかはきっと各々がブログを更新したときにでも書いてくれるはずなのでここでは省略します。 ヘルムス練を通じて、改

10月第1ターム

初めまして。1年470の喜連川直人です。 喜びが連なる川と書いてキレカワと読みます。よろしくお願いします。 大学では3Qが始まり、部活の方でも代替わりによる新体制となっての初めての練習でした。 今タームから470、snipeの両クラスとも1年生のヘルムス練が開始され、初めてのヘルムスの動作に僕も含め1年生は全員てんやわんやしていました。 470は初日は整備と陸練でした。僕は食当だったので残念ながらヘルムス陸練は出来ないかと思っていましたが、他の1年生と先輩方の配慮により、陸練には参加することが出来ました。 二日目は午前は風がほとんどなく風向も安定していなかったため、当初予定していた練習は出来ず、グルグル練や沈起こし練習を行いました。午後は当初の予定を変更して1年生と先輩方数名は陸練と整備、他の先輩方はヨットに乗っての練習となりました。 今タームではほとんどヨットに乗れず少し残念でしたが、ヘルムスの陸練で学んだことを来ターム以降、海の上で生かしていければいいかなと思っています ※写真は沈起こしに奮闘する”ワタナベ”とカメラ目線で陸練をする”ワタナベ”の様子です。